クレアギニンEXは腎臓病の頻尿などに効果が期待できる


腎臓病を発症した方の行なうご飯療法の趣意は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つことにあります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法をもとに腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。さらに言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は非常に重要な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)法です。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓でろ過されたアト尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が低下すれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿といっしょに排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。そのためご飯療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内へと送り続ける必要があるのです。ご飯によって獲得し立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自身のみの判断で制限を行なうのは宜しくありません。腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、その通りでは難しいご飯制限が行ないやすくなります。腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えてご飯を管理する必要があります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限が加わります。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにして下さい。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、個々の食品や調理を行なう際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となるのです。例としては、ショートケーキ単品だったとしても卵1個程のたんぱく質が含まれているわけです。腎臓病に罹ってもご飯療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。ご飯療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に努められる最善克つ最短の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)手段なのです。参考にしたサイト⇒腎臓病クレアギニンEX