糖尿病の食事制限も宅配食でかなりまかなえる


いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げる役割を担ったホルモンの機能が悪化し、長期にわたって血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が下がりにくくなる病気です。人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避ける事が出来、日常の生活に支障をきたさないよう人生をたのしみながら送れるようにすることです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病合併症や動脈硬化(男性は45歳以上、女性は55歳以上になると発病リスクが高まります)症の発症・進行を防ぐことが可能となります。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「なぜか食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、前もって生活を変えるということは難しいことです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、検査の結果にもいろんな変化が顕れ始めます。例えば、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。普段わたし立ちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」に大聴く左右されます。日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。ききなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと効果の関わりについて新しく研究する分野です。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。一日3食のバランスを考えながら、食事の量を少なくすることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当と食事の量を半分にすることを、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。人は加齢と伴にインスリンのはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。したがって、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上昇しやすくなります。とりわけ食事の後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上がります。血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。併せて、食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと考える患者さんが多いと思っております。でも、もし糖尿病になってしまっても、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを意識することが目的となります。持と持と食事療法の目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、その通り状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活の改善なくして治療はおこなえません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思っておりますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。時節の変化を取り入れた献立創りや、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにして下さい。いろいろな栄養素を適量とるのが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、多く含まれている栄養素によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量を掲載しています。そうした食品交換表を参考にすることで、料理の種類も豊富になるでしょう。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。そうした方が、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。忙しいとき、仕事の合間に短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維には血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げるメリットがありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして下さい。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しつつ摂って下さい。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>糖尿病 食事 宅配 ランキング