腎機能を正常に保つため宅配食が必要だ!


食事によって獲得したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)における食事療法の意味合いは、なるべく腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)を悪化させない事と、健康状態の維持になります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、透析を初める時期を遅くしていけます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は必要不可欠です。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で確認できます。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。体における3大栄養素に糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)・たんぱく質・脂質が存在します。糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。慢性腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物にくらべてふくまれているカリウムが、エラーなく多量です。仮に、腎機能が正常に働いていない患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものには意外にたんぱく質が多くふくまれています。オヤツには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見うけます。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂取することによってているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)に罹患した方の増加が、近年問題になっているのです。背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創るはたらきをしたり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 お世話になってるサイト>>>>>腎臓病食 宅配 口コミ