高齢者のやわらかい食事もまごころ食ケアでは冷凍弁当を宅配してくれます


ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉がうまく働かなくなったことが原因で歩行や日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態になってしまう可能性が高いといいます。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、調理担当が作ったお料理を用意していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。介護施設によって、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、美味しく食べられる調理法を老人ホームによっては提供しています。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。食事のし易さに重きを置きすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。年齢とともに口の中で作られる唾液の量は減ってくるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状に作り変えます。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、カロリーはごはんの半分以下なのです。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫で不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。一般的に介護食は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、関節周りの筋肉量を維持するために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、長生きできるそうです。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なく食事が行える目標の基準として介護食は程度によって分けられています。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全に食事を行うために非常に役立つ目安です。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。昔からよく食べていたものを思うように食べられず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、食べる量そのものが減ったりして栄養不足になっていることがあります。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護を受ける方もその家族も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてください。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院している高齢者の方の食が思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするような食事は作らないと決意しました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。参考サイト:まごころケア食