有機野菜宅配

有機野菜と一般野菜の違い(安全性)

「有機野菜」の基準ガイドはとっても厳しく、作付け前の2年前から化学肥料や農薬を一切しようしていない畑で、作物を栽培し、国認定の機関による厳しい検査に合格したのみを言います。

 

害虫や病害などが農作物に起きたとしても、薬を全く使わず自然の力を利用して駆除などをします。
認められていない農薬などを一切使っていないので、食べる側としては安心感は強いですよね?
ですが有機野菜として認められるまでの肯定はとっても厳しく、化学肥料などを使わない分、生育も長く手間もコストもかかります。

 

安全性が高い分、農家の苦労も高いのは確かです。

 

そしてスーパーなどで売られている一般的な野菜は、農作物を安定した育成で収穫できるようにと、化学肥料や農薬を使って作物を育てます。
化学肥料なども使う分量によっては、水質や土壌汚染などもあります。

 

日本の農作物も99%が農薬を使用して栽培された野菜です。
日本全国の食を満たすには、農薬なしでは野菜の生産も追いつかないのです。

 

以前に比べて日本の農薬は、厳しい高い基準をクリアした薬だけ登録され国が認める厳しい基準を守りながら生産者は栽培しています。
農薬により発ガン率も高くなると言いますが、必ずしも食べたからと言ってガンになるとの事はありません。

 

安全性については問題なく感じますが、どんなに安全だとしても、やっぱり農薬を使っているとの事で安心感のあるほうは「有機野菜」と思うのは当然だと思います。


有機野菜宅配おすすめBEST3

ラディッシュボーヤ
安全な有機野菜、無添加食材や環境負荷の少ない日用品等などをお届けする有機野菜宅配通販 サービスです。
Oisix(おいしっくす)
安心・安全の食材にこだわる生産者さんの商品を宅配する、有機野菜宅配のoisix
大地を守る会
有機野菜や国産の自然食品など、おいしい野菜や食材を週に1度、玄関先までお届け する宅配サービスです。