有機野菜宅配

有機野菜の検査・認定法

「有機野菜」として認めてもらうためには、農林水産省が認める認定登録機関の厳しい検査をクリアして、「有機JASマーク」を取得した野菜だけが「有機野菜」として出荷できます。

 

認定するのには費用も厳しい認定審査もあります。
有機野菜を育てるための条件も厳しく、どんなに基準を守ったとしても近所の農家で農薬等を散布し、風の流れで自分の畑にも影響があった場合は、残留農薬があるとして、審査クリアできない場合もあります。

 

それだけ厳しい審査なので、全国でも審査を行う農家は、1%も居ないといわれています。
認定登録機関は全国で約70以上あるのですが、それぞれ申請から認定の流れや費用が違います。

 

まず有機野菜の検査をするための認定までの簡単な流れです。

 

  1. 作付けする2年前から、化学肥料や農薬を使っていない土壌で栽培する事。
  2. 国が認める認定登録機関に申請。
  3. 申請後に機関による、書類審査・栽培状況を見るため実地検査を行います。
  4. 厳しい審査基準の中、認定登録機関に認められると認定書が発行され

 「有機JASマーク」を野菜に貼る事ができます。

厳しい検査の他にも、一年に一度は機関による検査があるのでズルなどは出来ません。

 

それからコストもかかるため中には認定機関の検査を受けずに、「有機野菜」として売られている場合もあります。これは犯罪になり「有機JASマーク」を勝手に貼った場合は、一年以下の懲役、100万円以下の罰金があります。
「有機野菜」と名乗るだけでも、50万円以下の罰金があります。


有機野菜宅配おすすめBEST3

ラディッシュボーヤ
安全な有機野菜、無添加食材や環境負荷の少ない日用品等などをお届けする有機野菜宅配通販 サービスです。
Oisix(おいしっくす)
安心・安全の食材にこだわる生産者さんの商品を宅配する、有機野菜宅配のoisix
大地を守る会
有機野菜や国産の自然食品など、おいしい野菜や食材を週に1度、玄関先までお届け する宅配サービスです。